未経験から始めるエンジニアのお仕事

未経験の方でもできるエンジニアの仕事は多いです。特にIT関連の仕事だったら、経験がない人を積極的に採用する会社があります。経験がないと言ってもいくつかのレベルがあります。全くこのタイプの仕事をしたことない場合は、採用が難しいこともあります。仕事の経験がなくても、関連の知識を持っていたり、大学や専門学校で勉強したことがあれば、採用されやすくなります。全く経験がなくて、知識を持たない人でもこのタイプの仕事をするのは不可能ではありません。未経験者可の募集要項を出している会社を探します。同時に研修の期間にこだわるようにします。入社した後に十分な研修を行ってくれる会社だったら、知識や経験がない方でも研修を受けた後に働けるようになります。研修の期間は3ヶ月程度が理想です。

一番入りやすい業種はアプリのエンジニア

エンジニアの仕事にはいろいろな種類があります。その中で未経験の方が一番入りやすいのは、スマートフォンのアプリを作る仕事です。このタイプの仕事は、最近始まったばかりです。実際の仕事をしている人たちも、それほど経験を持っているわけではありません。経験よりもセンスやアイディアが重視されます。大きな会社もこのタイプの仕事を募集していますが、規模の小さな会社も募集を行っています。いわゆるヴェンチャー企業です。ヴェンチャー企業の場合は、実績よりもやる気や情熱が重視されることが多いです。面接で自分が仕事にかける意気ごみを、効果的にアピールできたら、採用は難しくありません。自分でアプリを作った経験があれば、採用の時に非常に有利になります。それを提出できるように準備しておきましょう。

営業の経験があれば、有利になることが多い

このタイプの仕事は、営業の仕事の経験があれば、有利になります。未経験の方でも、採用時に営業の仕事の経験を評価されて、他の人よりも採用の可能性が高まります。例えば、サービスエンジニアと呼ばれる仕事があります。これはいろいろな機器のメンテナンスや修理を担当する仕事になります。外のまわりの仕事で、お客様のオフィスを回ります。お客様に接することが多いので、営業の仕事と似ています。コミュニケーション力が重視されます。もちろん、機器を取り扱う仕事もスキルも必要ですが、それ以上に重視されるのが、お客様に対する接し方です。機器の取り扱いは、現場で働きながら学ぶことが可能です。簡単とは言えませんが、お客様とのコミュニケーションにくらべたら容易に習得できる良さがあります。