エンジニアが未経験の方のための仕事選び

「働きたい」と思っているが未経験であることが理由で踏み出せずにいる人は、まず「エンジニアという仕事はどのようなものか」を知ることから始めると良いでしょう。けっして一言では言い表すことができない仕事だということは間違いないのですが、そうとは言っても大まかな概要だけでも認識しておかなければ、本当に納得できる仕事(環境)を見つけ出すことは困難です。今や、「IT」というジャンル自体が非常に大きな影響を持つものになっていて、以前とは技術者の存在意義が明らかに変わっています。しかし、基本的な仕事の探し方自体はそう変わったわけではありません。基本的なことさえ覚えておけばまずは問題ありませんが、「より良い」を希望するのであれば、しっかりと応用法までを把握しておくことが必要です。

手段を問わずに仕事(募集)を探す姿勢が大切

エンジニアという仕事に未経験で就こうと思うのであれば、まずは「採用してくれる(可能性のある)企業を見つける」ことが先決です。いくら「働きたい」という希望を持っていたとしても、実際に働ける環境を見つけることができなければ始まりません。もし、何らかのコネクションがある場合には、その伝手を頼って仕事を見つける方法は非常に効果的です。経験の有無による差別を受ける可能性が低く、能力に見合った教育を受けられる環境にも期待ができる「コネ」は、最初に検討すべき方法です。しかし、そういった方法が不可能なのであれば、ハローワークやインターネット求人などの様々な方法を利用し、少しでも可能性の高い求人かつ採用してもらえる可能性を追求することに終始することが大切です。

自分でできることを明確に認識することも大切

ただし、必ずどこかの企業に属さなければいけないということはありません。未経験でもどこの企業にも属さずにエンジニアになることも可能です。特に、ここ数年でパソコンを使ってクリエイティブな仕事をする方法が格段に増えたことによって、いわゆる「フリーランス」として働くことが容易な環境になっています。まずは、自分ができることを自己分析などによって明確にすることから始め、最終的にはどのような仕事をしたいのかを決めていきます。もし、明確な答えを出すことができなかったとしても、何がしたいのかと考えることによってある程度のビジョンが見えてきます。その上で、個人(フリーランス)として働く方法が良いのか、それとも企業に属する方法が良いのかを決めるようにすると、低リスクで未経験からエンジニアになることができます。