未経験でもOKなエンジニア求人の見つけ方

未経験でもOKなエンジニアを探す方法はたくさんあります。代表的なものを挙げると、「ハローワーク」「インターネット」「雑誌」などですが、知り合いにその業界に関係する仕事をしている人が居れば「コネクション」を使って仕事を見つけることができたり、希望する会社に直接交渉して採用を検討してもらうことも可能です。どのような方法で採用してくれる会社を探すのかは、それぞれが置かれている状況もしくは希望に応じて検討することになりますが、大切なことは「一つの手段にこだわり過ぎないこと」です。詳しくは次項以降で説明しますが、まずは「どのような業種で働きたいのか」を明確にすることが大切です。単純に「エンジニアの仕事」といってもその実は多種多様なので、まずはここから始めましょう。

様々な手段を使って求人を探すことが大切

未経験でも応募できるエンジニア求人を探す方法として、たとえばハローワークで探す方法を選択した場合、平日(土曜も可能)にハローワークに出向いて仕事を探すか、もしくはインターネットサービスを使って仕事を探し、希望する仕事が見つかってから出向いて応募の手続きを行う方法があります。多くの企業はハローワークを併用して求人を出していますが、IT業界の企業はハローワークを使わずに独自の方法でのみ求人を出している場合もあります。この業界は、「ITの知識に長けていること」なども採用を決める重要な能力である以上、より良い求人を見つけ出すためには方法を限定せずに様々なアプローチを検討した方が賢明です。また、同じ企業の求人でも媒体によって内容が異なっている可能性もあるので、仮に気に入って求人が見つかった場合でも、他の媒体で求人を出していないのかを探した方が良いでしょう。

クラウドソーシングを使って雇い主を探す

未経験エンジニアの求人を探す方法として、通常とは別のアプローチの方法といえるものが「クラウドソーシング」です。本来、クラウドソーシングは「フリーランス向けの仕事を探す手段」ですが、フリーランス以外でも利用することができます。フリーランスとしていきなり委託契約などを結ぶことは難しいにしても、まずは簡単な仕事をもらうところから初めて実績を積み、信頼を得て直接雇用を勝ち取るという方法も可能です。この方法であれば、能力に応じて適切な内容で契約(雇用)してもらえる可能性に期待が持てるため、より良い条件で働ける可能性が高まります。ただし、クラウドソーシングサービスの中には「直接雇用を禁じる」としている場合もあるので、利用するサービスを厳選することが必要です。